おしらせ  2011年08月22日 (n110822)

日本共産党 つくば市委員会

つくバス・つくタク停留所増設へ

 このほど、つくば市はつくバスの停留所増設・つくタクの乗降ポイント(停留所)の増設を行うことを明らかにしました。これは住民の要望に沿ったものです。

 なお乗客数は前年比6%増の、月平均5万500人(約3千人増)。

○ つくバスの停留所増設12箇所  10月1日から実施

 シャトル名    増設の停留所

小田シャトル   小田中部(小田中央は小田東部に名称変更)

         上境保育所前 桜窓口センター入口(旧桜庁舎入口) 作岡シャトル   作谷  今鹿島  東光台体育館  東光台3丁目

吉沼シャトル   テクノパーク豊里入口

南部シャトル   弁天前  高見原団地入口

自由が丘シャトル    茎崎みなみ郵便局  森の里団地入口

北部シャトル   増設なし

増設理由として「路線によっては利用者が伸び悩んでいること、これに伴い路線によっては停留所の通過が多発し時間調整が発生するなど、利用促進の観点からも利便性向上が必要となっている。」と市は説明しています。

○ つくタク乗降ポイント(停留所)の増設

  協議が整いしだい順次実施です。対象は診療所の施設近くとされています。

  

 増設理由として、「せっかく自宅に迎えに来てくれても、停留所におろされては、診療所に行くまで長い距離を歩かされる。これでは乗車できない」という市民の声にこたえたものです。

 協議しだいということなので、市民が診療所に働きかけ、市に申し出るようようにすることが必要です。

○ TXダイヤに対応したダイヤ改正

   北部・南部シャトルンpダイヤ改正を行う

   茎崎窓口センターで南部シャトルと接続の自由が丘シャトルもダイヤ改正

○ 谷田部地区のつくタクは車両増設